アウディA1の次期型、最終デザインはこれだ!

2017/12/21 19:00

アウディ最小ハッチバックである「A1」の次期型CGである。そのCGを確認すると、マトリクスLEDヘッドライトに左右を繋ぐ「コ」の字型エアインテーク、ワイドなシングルフレームグリルが特徴的だ。

「MQB」プラットフォームを次期型より採用することとなり、軽量でしかも剛性が高いだけでなく、ホイールベースの延長からコンパクトながら居住空間の充実も図られ、小さいA1とはいいながらも余裕のあるモデルとなりそうである。

サイドミラーはドアからウィンドゥへ移動され、リアドアへキックアップされた力強いキャラクターラインが見られる。また3ドアは廃止され、CGのように5ドアモデルのみの設定となるはずだ。

パワートレインは新開発の1.0リッター直列3気筒ダウンサイジングターボ及び、2.0リッター直列4気筒エンジンに、6速MT又は7速スピードATが組み合わされるという。さらに200psを発揮する「S1」や300psの「RS1」などが続くはずだ。

室内にはスマートフォン・インテグレーションが装備され、12.3インチのTFTバーチャルコックピットディスプレイをオプションでチョイス出来るという。

待ち遠しいワールドプレミアは、2018年9月とレポートされている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる