ニコル・レーシング・ジャパン創立40周年記念「ニコル・サーキット・デイ」を開催

独アルピナの正規輸入販売をはじめ、BMWやMINI、ロールス・ロイス、フェラーリの正規ディーラーを展開するニコル・グループが、主幹であるニコル・レーシング・ジャパン合同会社の創立40周年の記念イベントを、去る9月30日(土)に静岡県の富士スピードウェイを会場に開催した。

この「ニコル・サーキット・デイ」は、これまで5年ごとに行なわれてきた同グループのユーザー向け感謝イベントの一環であり、今回の事前告知と参加募集はウェブサイトでのみ展開したにも関わらず、国際レーシングコースを愛車で走行できるとあって、BMWやMINI、アルピナ、フェラーリをはじめロールス・ロイスやブガッティといった同社取扱いブランドの顧客を中心に約500台/1000名が参加し、富士スピードウェイの広大なパドックを埋め尽くしていた。

今回はグループ創立40周年記念ということで、アルピナ社代表のA.ボーフェンジーペン氏とBMWウィリアムズF1チームで4勝を挙げ、現在もインディカー・ドライバーとして活躍する、J.P.モントーヤ氏がスペシャルゲストとして来日。彼らといっしょに国内に持ち込まれたFIA GT3レーシングマシン、「BMWアルピナB6 GT3レッドブル」によるデモランやアルピナB6ビターボ、B7ビターボ・リムジンを使ったサーキットタクシーのドライバーを務め、サインにも気軽に応じるなどのファンサービスも。また、ニコル・グループ代表のニコ・ローレケ氏を交えてピットガレージ内で行なわれた記者会見では、ボーフェンジーペン氏がアルピナ創設者である自身の父親とローレケ氏とのエピソードを披露。久しぶりの来日となったモントーヤ氏もイベントの盛況ぶりに驚きのコメントを述べた。

また、全国各地から来場した参加者は、午前中から行なわれたレーシング・ランやスポーツ・ラン、ファミリー・ランといった走行プログラムに興じるとともに、パドックやピットガレージ内に展示された希少モデルの撮影や純正パーツ&アクセサリーなどの即売会、キッズ向けアトラクションなどを存分に楽しんでいた模様。多くの笑顔からその充実ぶりがうかがえた。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる