“キーレス”がさらに一歩前進! キャデラックがアップル・ウォッチで操作可能に

AUTHOR

遠隔でエンジン始動・停止も

ゼネラルモーターズは7月5日、米国およびメキシコ市場を対象に、AppleのiOS用myCadillacモバイルアプリを搭載するキャデラックにおいて、Apple Watchとの統合が可能になったことを発表した。電話連絡先やメッセージ、音楽、ナビゲーションを、Apple Watchを通じて操作することができる。キャデラックのCT6とエスカレードではさらに、無制限のデータとHDMIポートを使用した後席エンターテインメントのストリーミングも可能だ。

キャデラック車はすでにApple CarPlayに対応しているが、今回Apple Watchと統合可能になったことによって、車載アプリケーションはApple Watchと同期。車両ロケートや遠隔始動・停止、ドアのロック・アンロック、ホーンとライトの作動及び解除、自車位置の確認ができるようになる。

CT6とエスカレードのパッセンジャーは、HDMIポートと車内のWi-Fi接続を利用することによって、Apple TVなど好みの番組をインフォテイメント画面でストリーミングすることができる。ちなみに車載OnStar 4G LTE Wi-FiホットスポットとアクティブOnStarへの加入は、無制限データプランが月額20ドル(約2270円)となっている。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる