ボルボに続いて中国の吉利がプロトンとロータスに出資

吉利がアジア戦略での地歩を固める

 

マレーシア最大の自動車メーカーであるプロトン・ホールディングに中国の吉利(ジーリー・ホールディング・グループ=浙江吉利控股集団有限公司、ジーリー、Geely Automobile、簡体字:吉利汽車)が出資。プロトン株の49.9%を取得して傘下に収めることが明らかになった。これで吉利はスウェーデンのボルボ・カーズ、英国のロンドンタクシーカンパニーに続いて3つの海外メーカーを傘下に収めたことになり、プロトンの子会社となっていたロータスカーズもその傘下へ入ることになる。

 

写真左は今回吉利の傘下に収められたプロトン・ホールディング、写真右はプロトンの子会社となっているロータスカーズ

 

プロトンもこの出資を歓迎しており、吉利の持つ多くのプラットフォームやパワートレインを共用でき、さらに中国での販売増も見込んでいる。一方の吉利もプロトンを傘下に収めたことで、自動車マーケットの成長が見込める東南アジアでの地歩を築くことができ、ネットワーク拡大によるメリットは大きい。ロータスカーズは少量生産のスポーツカーメーカーではあるが、そのブランド力は絶大であり、吉利にとって悪くない買い物だ。ボルボは吉利傘下に入ったことで開発資金の調達が可能となり、それがV40の開発、素性のいいクリーンディーゼルの開発、さらに90シリーズから始まる新プラットフォームの開発につながっていったことが知られている。安定した経営資源のもとで開発に専念できたことで、ボルボ・カーズの世界販売台数は’15年に創業以来初の50万台超えを果たしたことは記憶に新しい。

プロトンもそうした技術資源、経営資源の活用による成長を狙っており、合わせてロータスも次世代スポーツカーの開発が可能となる。吉利は中国国内に生産工場16カ所、デザインスタジオ7カ所、研究開発センター5カ所を持ち、中国で生産されたボルボS90を貨物列車でヨーロッパへ運ぶプロジェクトもスタートさせている。 中国資本の傘下でプロトンとロータスがどういった変貌を遂げるのか。エリーゼやエキシージ、エヴォーラの次期モデルの登場にも期待したい。

 

浙江吉利控股集団有限公司プロトン・ホールディングロータスカーズ

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる